Oneball Onedream

「Oneball 「Oneball Onedream」をテーマに“ボール”や“夢”について語っていただくこの企画。
今回はシュライカー大阪に所属するヴィニシウス選手です。

フットサルとの出会いは?

  • ―― フットサルを始めたきっかけを聞かせてください。
    ブラジルに生まれたので(笑) ブラジルではフットサル文化が、すごく根付いています。
    4歳、5歳の小さいころはボールも小さいし、コートも狭い。 いっぱいボールを触るためにフットサルからスタートして、だいたい10歳くらいになったらサッカーを始める文化があります。
    他にもブラジルでは、子どもはサッカーとフットサル両方同じタイミングにやっていて、例えば火曜日・木曜日にフットサルをして、金曜日にサッカーして・・・みたいに同じタイミングでやっているけど、18歳までにフットサルかサッカーどちらか一本決めなくてはならない。
    僕はフットサルの方が好きだったのでフットサルを選びました!
    ―― ヴィニシウス選手ならサッカーでもすごい選手になっていたと思いますが。
    フットサルを選んでくれて嬉しいです。
―― 日本に来る“きっかけ”は?
シュライカーに入る前は、ブラジルのチームでプレーしていて日本に遠征で来ました。 名古屋オーシャンズやペスカドーラ町田ともフレンドリーマッチをして、その時に日本のチームは面白いし、日本はいい国だと思っていたところ、シュライカーのチーム関係者が、僕のプレーを見ていて、2年後くらいの2011年に外国人枠があったので、声をかけてもらってすぐ行きたいと思い来ました!
―― 日本のリーグやチームだけではなく、「日本」そのものを気に入ってくれた事が、日本への帰化にもつながったのですね。

ロナウドと同じ!

  • ―― 思い出の品(フットサル/サッカー)のエピソードはありますか?
    1998年くらいに、ブラジル代表のFWで有名なロナウドと同じスパイクを親からプレゼントしてもらいました!
    そのスパイクは作った個数が少なくて、買いたい人いっぱいいたから抽選して買えたスパイクでした。もちろんそのスパイクは今でも家にあります!
    ―― ロナウド選手は日本でも“怪物(フェノーメノ)”と呼ばれ、
    あの強靭なフィジカルを活かしたドリブルやシュートは驚かされました!
    ブラジルでも子どもたちの憧れだったでしょうね。

”全力”に込めた思い

―― 色紙に書かれた「全力」という言葉に込められた思いを聞かせてください!
シュライカー大阪の一員として、1試合でも多く勝つため! 最後まで全力で試合に挑むという思いから“全力”と書きました。
―― 今の夢や目標を聞かせてください!
今の夢は・・・日本代表に入りたいです!!
―― ヴィニシウス選手が日本代表入りすれば、2020年のワールドカップを見据える日本代表にとっても、必ず大きな力になりますし、
新たな攻撃の選択肢が増えますね! 楽しみです。

【特別プレゼント!】
本コラムを読んでいただいた方の中から抽選でプレゼントいたします!

【応募方法】
①下記バナーをクリック!していただき。
②リンク先にあなたの想いでの(サッカー/フットサル)用品をお書きください!
<例>初めて買ってもらった“スパイク” / 部活や体育の授業で使っていた“ボール” / プレゼントした“ユニフォーム”など

抽選で1名の方に「ヴィニシウス選手サイン入り色紙」をプレゼントいたします。
※対象:DUARIG公式Facebookのページに「いいね」を押していただいている方になります。

ヴィニシウス選手サイン入り色紙

▼応募締切
3月9日(金) 23:59迄

▼応募資格
日本国内にお住まいの方で、かつ賞品のお届け先が日本国内の方に限らせていただきます。

▼当選発表と連絡方法について
①応募期間終了後、当選者にのみ【DUARIG】公式 Facebookアカウントよりダイレクトメールをお送りいたします。
②当選メールをご確認いただきましたら、返信を持って当選完了とさせていただきます。
※個人情報設定より「受信箱にメッセージを受け取る人」の範囲を基本フィルタに設定してください。

▼注意事項
・返信期間内に当選メールに返信をいただけなかった場合は当選を辞退したとみなし、賞品発送はできかねますのでご注意ください。
・賞品の発送は日本国内のみに限らせていただきます。
・当落についてのお問合せはお受けできません。

▼その他
・本キャンペーンはFacebook社の提供・協賛によるものではありません。
・お預かりした個人情報は、景品の発送、個人を特定しない統計的情報の形で利用させていただきます。

沢山のご応募お待ちいたしております!

RECENT COLUMN 最近のコラム

一覧へ戻る