Oneball Onedream

「Oneball Onedream」をテーマに“ボール”や“夢”について語っていただくこの企画。
今回は、名古屋オーシャンズに所属する関口 優志選手です。

フットサルとの出会いは?

  • ―― フットサル/サッカーを始めたきっかけを聞かせてください。
    小学3年生まで野球をやっていたんですけど・・・野球って、冬の間なかなか練習が出来なくてどうしようかと思っていた時に、兄がサッカーをやっていて。
    サッカーは、体育館などでも練習が出来るので体を動かすために「お兄ちゃんと一緒に
    サッカー行ってきなさい!」と親に言われたのがきっかけでした。(笑)

    気づくと・・・その次の4月からサッカー少年団に入り、高校生までずっとサッカーをやっていました!

    ―― フットサルはどのように始めたのでしょうか?
    フットサルを始めた“きっかけ”は、Jリーグを目指してサッカーをやっていたんですけど・・・ちょうど高校3年生の時に、エスポラーダ北海道が発足していて、チーム関係者から、一度フットサルのプロを目指してやってみたら?と声をかけていただけたので、エスポラーダのセレクションに受けに行って合格したのがきっかけです!なのでFリーガーになる為にフットサルを始めたようなもので・・・フットサルの経験なども全くなくフットサルを始めました!
―― サッカーのGK(ゴールキーパー)とフットサルのGK(ゴレイロ)では、ゴールのサイズも違いますし、
いきなりは難しいと思いますが、合格してしまうのは、さすが関口選手ですね。

お父様の思い!?

  • ――思い出の品(サッカー/フットサル)のエピソードはありますか?
    そうですね・・・初めて買ってもらったのは、サッカー少年団に入団した時にサッカーシューズとキーパーグローブを買ってもらいました! 父親が野球派で、やっぱり野球をやらせたかったみたいなんですけど(笑) サッカーをやるならお前はキーパーをやれと言われて!(笑)

    父にそう言われてからずっとキーパーをやっていますね!

    ―― お父様は相当野球がお好きのようですね。
    野球の“グローブ”とサッカーの“グローブ”は大分違いますが(笑)
    サッカーをやるなら、せめて「手を使え!」と(笑)
    お父様の熱い思いが伝わってきます!

「優しさ」に込めた思い

―― 色紙に書かれた「優しさ」という言葉に込められた思いを聞かせてください!
名前が優志で、親に優しさを志すようにとつけてもらったので、その言葉を選びました!
―― 今の夢や目標を聞かせてください!
やっぱり、一昨年、日本代表としてワールドカップ出場を逃してしまったので、、、代表に残り続けてワールドカップに出場するのが今の目標です!
―― 2020年には名古屋でワールドカップが開催されるかもしれませんし!引き続き、チームでも日本代表でも
ご活躍される事と思いますので、我々も全力で応援させていただきます!

【特別プレゼント!】
本コラムを読んでいただいた方の中から抽選でプレゼントいたします!

【応募方法】
①下記バナーをクリック!していただき。
②リンク先にあなたの想いでの(サッカー/フットサル)用品をお書きください!
<例>初めて買ってもらった“スパイク” / 部活や体育の授業で使っていた“ボール” / プレゼントした“ユニフォーム”など

抽選で1名の方に「関口 優志選手サイン入り色紙」をプレゼントいたします。
※対象:DUARIG公式Facebookのページに「いいね」を押していただいている方になります。

関口 優志選手サイン入り色紙

▼応募締切
5月16日(水) 23:59迄

▼応募資格
日本国内にお住まいの方で、かつ賞品のお届け先が日本国内の方に限らせていただきます。

▼当選発表と連絡方法について
①応募期間終了後、当選者にのみ【DUARIG】公式 Facebookアカウントよりダイレクトメールをお送りいたします。
②当選メールをご確認いただきましたら、返信を持って当選完了とさせていただきます。
※個人情報設定より「受信箱にメッセージを受け取る人」の範囲を基本フィルタに設定してください。

▼注意事項
・返信期間内に当選メールに返信をいただけなかった場合は当選を辞退したとみなし、賞品発送はできかねますのでご注意ください。
・賞品の発送は日本国内のみに限らせていただきます。
・当落についてのお問合せはお受けできません。

▼その他
・本キャンペーンはFacebook社の提供・協賛によるものではありません。
・お預かりした個人情報は、景品の発送、個人を特定しない統計的情報の形で利用させていただきます。

沢山のご応募お待ちいたしております!

一覧へ戻る

RECENT COLUMN 最近のコラム