日本のサッカー教育の現状を考える

世界中で人気の高いスポーツの1つであるサッカー。

優れたサッカー選手を輩出するためには良質な教育が必要不可欠です。

例えばロシアW杯で優勝したフランスは、サッカーの教育において育成大国と呼ばれるほどの教育スキームを形成しています。個々を活かす取り組み、勝利のためにシュートでプレーを終わらせることへの意識などなど、たくさんの見習うべき観点があります。

では日本のサッカー教育の傾向どうなっているのでしょうか?

今回は日本のサッカー教育の現状にスポットを当てて考えてみたいと思います。

1.協調性を重んじる教育方針

日本はよくも悪くも協調性を重んじる文化があります。

サッカーにおいて協調性を重要視し過ぎてしまうと、平均化が進行してしまい、個性や独自性、特徴というアイデンティティが薄まってしまうことも考えられます。

「金太郎飴化」して、個性が消されてしまうことで尖った能力値を保有した選手が育ちにくい環境が醸成されてしまっているのかもしれません。

個性を重んじ、チャレンジを認める教育文化から学ぶ部分は多そうですね。

2.足元(テクニック)を意識するが、ゲームの根底にある「得点が多い方が勝つ」という前提が主軸になってない

日本はサッカーのテクニックが高い国でもあります。テクニックが高いこと自体は素晴らしいことです。

しかし当たり前ですが、サッカーは点を取らなければ勝つことはできません。

綺麗なテクニックや上手なパスはかりでもシュートしないと勝てないのです。

「テクニックを磨いてポゼッションを高める」ことが「シュートでプレーを終わる」ことよりも上位の考え方になってしまっているのではないでしょうか。

勝ちを意識しきれないことはサッカーのプレーにも大きく影響が出てきます。

ポゼッション率が高いだけでは勝利とイコールにはなりません。ポゼッションよりシュート数、さらに枠内シュート数をしっかりと高め、勝利にフォーカスすることが大切です。

3.中盤を重んじるサッカー

前述のようにシュートを打つことよりも、パス重視の考え方になってしまっていることで中盤を特に重んじるサッカーが教育に反映されてしまっています。

日本のジュニアサッカーなどで上手な選手は中盤の選手として起用されることが多いですが、だからこそパス回しに最適化されたチームになってしまうことも。

シュートに対して臆病になってしまうような減点方式の教育ではなく、シュートに対して前向きになれる加点方式の教育が求められます。

まとめ

今回は日本のサッカー教育の特徴の一部分を考察してみました。必ずしも日本のサッカー教育が間違っているわけではありません。

しかしサッカーにおいて協調性のみを重視し、勝利の大切さに向き合えない教育があるのも事実。

諸外国の個性を活かすサッカー教育にも学び、日本のサッカー文化がより魅力的になるように取り組みたいですね。

一覧へ戻る