サッカーの背番号の意味とは?ポジションとの関係性も


近年、ワールドカップの影響もあって、ますます人気に拍車がかかってきているサッカー。

好きな選手の背番号が入ったユニフォームで応援するサポーターもよく見ます。
実は、この背番号にはそれぞれ意味があるんです。

今回はそんな背番号についてお話ししていきたいと思います。

1 そもそも背番号制が導入されたのはいつ?

サッカーの背番号制度が導入され始めたのは実は20世紀初頭。

既にラグビーの試合では背番号制が導入されていたため、サッカーにも取り入れる必要があるのでは?という論議が交わされ、実現されました。

1928年のイングランドリーグ、アーセナル対チェルシー戦が背番号をつけた最初のサッカーのゲームだったと言われています。

それまでの試合では、選手一人一人がどこにいるのか把握できませんでした。しかしこの背番号制の導入により、容易に選手を見分けることができるようになりました。

そのため背番号制の導入は当時のファンからは大絶賛だったとか。

2 背番号とポジションの関係性とは?

背番号はポジションを表すためにも使用されます。
しかし必ずしも「背番号何番だからこのポジション」というような決まりがあるわけではありません。
傾向として「どの背番号にどのポジションが多いのか」という観点でご紹介していきます。

背番号1番:GK(ゴールキーパー)

チームの守護者であるGKが背負う番号。
実はフィールドプレイヤーはこの1番を付けられないというルールもあったりします。
しかし海外では正キーパーであっても背番号「1」ではないことも。それぞれの選手のこだわりを調べてみても面白いかもしれませんね。

背番号2番〜5番:DF(ディフェンダー)

相手チームの攻撃を防ぐ役割であるディフェンダー。
2番から5番の選手はディフェンシブなポジションでプレーする傾向が多いと言えます。
しかしディフェンダーのイメージのある背番号3や4など、小さい番号を好んでつけるストライカーもいたりします。

背番号6番〜8・10番:MF(ミッドフィールダー)

MFはフィールドの中盤で、主にボールをつなぐ役割をします。
攻撃・守備両方の役割を担ったり、ゴールのアシストをしたり、中盤の後ろでディフェンシブな動きをしたりと、MFの役割は様々です。

背番号9番・11番:FW(フォワード)

FWはまさに攻撃の要。相手チームから得点をとる役割をします。
9番、11番はFWの選手がつけることが特に多い番号です。

12番以降

11番までで終わりではなく、12番以降の背番号も存在します。
近年ではあえて12番以降の番号を好んで選ぶ選手もたくさん。

ポジションではなく、選手によって背番号の持つ意味が変わってくるのも面白いポイントですね。

3 背番号のトリビア

一般的な背番号もありますが、面白い背番号や決め方も紹介します。
日本でいうと本田選手が「02」という背番号を付けていたのは有名ですよね。

アルゼンチンでは、かつて、アルファベット順によって背番号を決めていた結果、GKなのに背番号7なんて選手もいたりしました。

さらにクラブチームによっては永久欠番が用意されていることも。

また、メキシコリーグでは3桁の背番号が許されているため、好きな背番号が選べるのもユニークですね。

4 必ずしも10番=エースではない?


日本に強い傾向かもしれませんが、10番の選手を重視する傾向にあります。

テクニックに優れた選手は中盤の中核や司令塔など、「いわゆる10番」としてボールを周しゲームをコントロールしている印象はありませんか?

これは「パス中心のサッカー」が前提にあるフォーメーションと考えられます。
しかし海外では必ずしもエースが10番を選択するわけではありません。

ゲームで勝利するために、シュートを打つことを前提にしたフォーメーションのチームが多いため、海外は必ずしも10番主体なわけではないのです。
そのため日本の感度ではちょっと意外なところに意外な番号の選手がいたりします。

ゲームに勝つためのフォーメーションは、どのような背番号配置がなされているのかなども注目してみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、サッカーの背番号のルーツから、ポジションの関係性。

人気背番号や背番号のトリビアなどなど幅広くお伝えいたしました。

国によっても背番号の役割が違うので、背番号に注目してサッカーを観てみるのも面白いかもしれませんね。

一覧へ戻る