サッカーを通した教育で得られるものとは?


大前提ですが、どのようなことにおいても教育は重要です。

仕事でもサッカー以外のスポーツでも習い事であってもそれは同じことですよね。
そのため今回は「サッカーを通した教育」を行った時どのようなことが得られるのかという目線で考えていきましょう。


1チームワークの構築


1対1の強さを強く求められるスポーツはたくさん存在します。

1対1の要素がありながらも、チームプレイを要求されるサッカー。
個人のスキルを高めながらも、「どのようにすれば良好なチームワークを形成できるか」を学べることは大きなポイントです。

2 視野の広さ、全体を掌握するスキルの獲得

サッカーというスポーツでは特に視野の広さが求められます。

プレイヤーとしてフィールドを全体掌握するという技術もありますが、少し目線を変えれば監督には監督の視野の広さもあることに気付くはず。

ボールを持った時の視野、ボールを持っていない時の視野、ベンチにいる時の視野、監督の視野、フィジカルコーチとしての視野などなど、サッカーチームにはたくさんの視野が存在します。

チームを形成する多くの役割が持つ視野に触れることができるのも、サッカーだからこそ獲得できる体験かもしれません。

3 個人の役割と他の役割の認識


自分の役割、相手の役割などが大きく異なるサッカーというスポーツ。

色々な役割を理解し「連携」というスキルを学びます。

チームの中で自分の役割を認識してモチベーションを保てるかどうか、高められるかどうか。役割を正しく理解して、求められることを理解できるかどうかもスキルの一つと言えるかもしれません。

個だけでは勝てないからこそ、役割を意識するという視点が身につきます。

まとめ


今回はサッカーを通した教育で学べることを考えてきました。
上述のような3つのポイントは、決してサッカーだけでしか学べないものではないかもしれません。しかしサッカーだからこそ強く学べる技術でもあるのではないのでしょうか。

一覧へ戻る