子供のサッカー上達のために親やコーチができる育成のポイントとは?


ジュニアサッカーにおいて、コーチの教育技術はもちろん、お父さんやお母さんの接し方も選手の成長にとって大切なポイントです。

今回は子供のサッカー育成のために親やコーチだからこそできる接し方のポイントを考えていきましょう。

1.たくさんボールに触れられる環境を


ボールの感覚を養うことはサッカー育成においてとっても大切。

ボールに触れることは外だけでなく、家の中でもできることですよね。

多くの時間サッカーボールに触れているということは、ボールの感覚を養うのに役立ってくれます。
例えば家の中に大きさの異なるボールをいくつか置いておくことも効果的に働きます。

たくさんボールに触れる機会を作ってあげてください。

2.的を狙ったシュート練習

実戦ではキーパーがいるため、空いてるゴールに向かって打っても効果は大きくありません。

狙った所にシュートを打てるようになるためには、的を狙った練習を取り入れてみてください。

3.失敗を恐れずにチャレンジできる「加点方式」でのコミュニケーション

決して減点方式で選手に接しないようにすることはとても大事なポイントです。

シュートが外れたら、外したことを咎めたり怒ったりするのではなく、チャレンジしたことを褒めてあげてください。

そうすることで次のチャレンジにも積極的に取り組めるようになります。
チャレンジに臆病にならないようなコミュニケーションを心がけたいですね。

4.「意思疎通」にフォーカスしたコミュニケーションスキルの醸成


サッカーというスポーツに限りませんが、チームスポーツでは特にコミュニケーションが持つ意味は大きくなります。

ここで言うコミュニケーションとは、「面白く話せること」「人見知りしないこと」などの会話技術に関してということではなく、「相手と意思疎通ができるかどうか」を意味します。

相手としっかり意思疎通できるようになるということを念頭に、コミュニケーションスキルの向上を意識してみてください。

5.ポジティブシンキング

ネガティブな思考やリスク回避ばかり教えるのではなく、ポジティブシンキングを意識しましょう。

選手はもちろん、教育者にとってもネガティブシンキングは減点方式の考え方に繋がってしまいます。
加点方式で考えることができるようになれば、失敗にくよくよせず、次にチャレンジできるようになります。

6.物事を広く見るという目線の大切さ

決して単子眼にならずに、全体をみることを意識することも大切です。

サッカーは個人競技ではなく、チームスポーツ。
それぞれに役割がある中、自分の立ち位置を把握するためには広い視野が必要になります。

役割を正しく理解し、求められることを理解すること。個だけでは勝てないスポーツだからこそ、より広い目線を養うことが大切になってきます。

7.場合によっては言語スキルの向上

各種コミュニケーション能力に繋がる内容ですが、選手としてどこを目指しているかで「言語」という課題も発生します。

例えば海外でサッカーを学びたいという意思があった場合、日本の環境ではほぼ確実に「言葉」という課題が登場します。

言語を自由に操れることはキャリアにとって大きなアドバンテージになりますが、言葉にフォーカスした教育や学習計画も別途必要になります。

プレイヤーとしてのキャリアと照らし合わせて考えるべき問題と言えますね。

まとめ

いかがでしたか?
お父さんやお母さん、コーチは加点方式のコミュニケーションをしっかり意識しましょう。
さらに選手のコンディションコントロールの重要性をしっかり意識してコミュニケーションを取ることも大切でしょう。

特にお父さんお母さんは、生活の中にサッカーの認識意識どこまで入っているのかも含めてしっかりと見てあげてくださいね。

一覧へ戻る