日本と海外のサッカー環境の違いとは?

日本と海外では当然サッカーの環境が異なります。
もちろん日本のサッカーの環境が優れている点もたくさんあるでしょう。

ですが、今回は海外だからこそ享受できるサッカー環境はどのようなものなのかを考えていきたいと思います。

1.クラブハウスや練習機材の充実

日本とは圧倒的に違うのがこのクラブハウスの充実度。
日本では中学校や高校は基本的にクラブハウスはありませんし、下部リーグのチームは充分なレベルのクラブハウスを持っていないことが多いでしょう。

しかし海外ではアマチュアクラブであっても、そうとは思えないレベルの設備のクラブハウスを持っていたりすることも。

さらに練習機材などのレベルが異なるのも注目したい点です。
より高いレベルの練習が行える環境が広く整備されている点も、海外だからこそと言えるかもしれません。

2.飛び級が簡単にできるため、新たな経験値が育める

常に上のレベルを体感できる環境にあることはプレイヤーのキャリアにとって大きなアドバンテージです。

上位のクラブに所属する年齢でなくても、スキルが高ければ上位のクラブへと飛び級ができてしまうことも。

日本では年齢ごとにレイヤーが分けられて、なかなか飛び級することが難しい環境も多いのではないでしょうか。

選手のアウトプットのバリューをベースにコミュニティーを形成できる文化は、海外ならではと言えるでしょう。

3.異文化、多国籍である認識

これは特にヨーロッパで多い傾向かもしれません。

ボーダレスな環境だからこそ、競争の原理が働きます。

遠くの国から来た年端もいかないプレイヤーが、自分や家族の生活のために必死にポジションを奪いに来るのです。
逆にそのポジションの選手にも守らなければならないものがあるでしょう。
「絶対にポジションを奪ってやる」「絶対にポジションを奪われてたまるか」とハングリー精神が刺激されるのも異文化の交流が盛んなため。

日本ではこのような光景はなかなか日常的ではありませんよね。
もちろん年齢層やレベルによって異なる部分ではありますが、ポジションは与えられるものではなく、奪いにいくものであることを理解し、プレーをしています。基本的に「自分からアピールをしないと他は拾ってくれない」という考えがそこにはあるのです。

だからこそプレイヤーとして最初のインパクトが大切なことを理解し、プレーしています。
欧州のサッカーがハイレベルなのは、この異文化、多国籍である点も大きく影響しているのではないでしょうか。

まとめ

日本と海外では国としての文化はもちろん、サッカー環境も大きく異なります。
どちらが正しいというわけではありませんが、結果を出すサッカーから学び、参考にしていく必要はあるかもしれませんね。

一覧へ戻る