ジュニアサッカー育成って何を教えればいいのか?その重要性なども解説

一流のサッカー選手になるためには、幼い頃からサッカー教育をしていくことがとても大切と言われています。

とは言っても具体的にどんなことを教えたらいいのかわからない…。なんて方も多いはず。

そこで当記事では、そんなジュニアサッカーの教育において具体的にどんなことをしたらいいのかを考えていきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

1 そもそもなぜ幼い頃からサッカー教育することが大切なの?

teach-soccer-training-1

1-1 三つ子の魂百まで精神

日本には、「三つ子の魂百まで」ということわざがあります。

幼い頃の性格は、「年齢を重ねても変わらない」という意味になります。

つまり、考え方やメンタルは、幼い頃の環境によって決まってしまうといっても過言ではありません。

そのため、”幼いうちからサッカーに触れておける環境”を与えてあげることが、一流サッカー選手の考え方やメンタルを作る上で必要といえます。

1-2 ゴールデンエイジという考え方

ゴールデンエイジとは、子供の身体能力や運動能力を「飛躍的に向上する事ができる時期」のことをいいます。

一般的には、3歳~14歳頃までがゴールデンエイジの期間とされており、ゴールデンエイジの期間はどんなことでもすぐに習得してしまいます。

つまり、このゴールデンエイジから正しいサッカーの技術を教えることで、サッカーの技術においても飛躍的な成長が期待できるんですね。

2 具体的にどんなことを教えたらいいのか?

上記で、なんとなく幼い頃からサッカー教育する大切さは感じ取ることができました。

しかし、ただ単にボールを子供に与えておけばいいわけではありません。

ここでは、具体的に幼少期にどんなことを教えたらいいのか2点にまとめてご説明いたします。

2-1 サッカーボールを大好きになってもらうことが大切

teach-soccer-training-2

なんといってもまずは、サッカーボールを大好きになってもらうことがとても大切です。

サッカー漫画として有名な「キャプテン翼」の主人公・翼くんの「ボールは友達!」という名台詞があるように…。

サッカーボールを可愛がったり、遊んだりしながら常に大事にすることで、いつのまにかサッカーボールの接し方が上手くなり、思い通りにボールをコントロールすることができるようになっていくでしょう。

また、子供は自分にとって大切なおもちゃは取られたくないと必死に守るものです。

つまり、サッカーボールを大好きになってもらうことで、自然にボールをキープする力、思い通りにコントロール力がついていくのです。

2-2 両足で蹴れるように練習しておくことが大切

両足で蹴れるということはサッカーにおいて大きなアドバンテージとなります。

サッカーのプレー中、どこかの場面で利き足ではない方の足を使う状況に追い込まれることがあります。

しかし、「右足と左足をまったく同じように使いこなせる選手はだれ?」と聞かれたとき、すぐに思いつく選手の数は決して多くはないのではないでしょうか?

世界で活躍する一流選手でさえ、利き足でない足が弱点になっている可能性もあるのです…。

例えば、かの有名なアルゼンチンのレジェンド、「ディエゴ・マラドーナ選手」は黄金の左足で世界を制したと言われていますが、彼がまったく同じように右足も使いこなせていたとしたら、今以上の伝説を生み出したことでしょう。

どんなものでも弱点は少ないに越したことはありません。

幼いころからこの両足を使うというコンセプトを脳に覚えさせておくことは、将来計り知れないほどの見返りがあるでしょう。

3 制限してしまうのはNG

サッカーだけにとどまらず、どの教育においても子供の可能性を制限してしまうことはよくありません。

子供の学習能力は無限大です。

まだ早いからと勝手に判断してしまうことで子供の可能性を狭めてしまっている可能性が…。

逆に子供が興味をもったものに対して制限するのではなく、触れられる環境を与えてあげることで、幼い年齢にも関わらず彼らは驚くほどのレベルに達することでしょう。

ことサッカーにおいても同じことがいえます。

そのため、一流のサッカー選手になるためには制限するのではなく、無限の可能性をサポートしてあげることが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ジュニアサッカーの教育の重要性や具体的にどのようなことを意識したらいいのかなどをご説明いたしました。

将来、一流のサッカー選手になるためには幼い頃から適切なサッカー教育をしていくことがとても大切です。

さらにはその時期が早ければ早いに越したことはありません。

子供は無限の可能性を秘めています。変に年齢にとらわれたり、制限してしまわないように注意しましょう。

しっかりと見守って、サポートしてあげることが、将来の一流のサッカー選手を教育する上で必要なポイントになってくるのではないでしょうか。

一覧へ戻る